歯列矯正にかかる費用

早速、電話で初診を予約すると、
「初診とその後、検査を兼ねた資料の作成で合計8万円かかります。」と言われた。

歯科矯正はお金がかかると知ってはいたけども、しょっぱなからここまでかかるとは思わなかったので驚いた。
その検査で取れたデータや歯全体の石膏モデルを見ながら、先生との面談で矯正の方法を決めたら、次はかかる費用の話である。

先生は紙に書いて説明してくれた。「最初の月に48万いただきます」。
これは装置の費用すべて含んだ値段なので、治療中にいくら装置が壊れても追加金は必要ないとのこと。
その次の月からは毎月3万払うシステムで、私の場合は1年から1年半かかる見込みなので、最大合計105万近くかかる予定である。

この金額より上回ることはまずありませんと先生は念を押してくれた。
このように、時間とお金をかけて採取した私の資料を使って、患者にとって一番の関心ともいえる費用に後々狂いがないように、
鋭い目で診察してくれる技術を持った評判のいい専門医にかかる事をおすすめする。

歯科矯正には歯を動かす動的治療のあとに、リテーナーで動かした歯を固定する為の保定期間というのがある。
治療費は保定期間に入ると、月2万の支払いに変更になる。私の場合は保定期間が最大2年の見込みなので、
動的治療が終了した後の2年で最大合計48万かかる計算だ。費用は歯の状態や医者によって変動すると思うが、
大体の目安として参考にしていただけたらよいと思う。

スポンサードリンク
[wp_ad_camp_1]