その矯正歯科を選んだ理由

歯を治すと決めたからには、きちんとした専門医にお願いしたいと思った。
大事な歯の事なので、お世話になっている先生の紹介で矯正専門の歯科医に決めた。
まったく面識のない先生よりも、その方が安心できるからだ。初診では、まず先生に自分の気になっている点や要望を伝え、
そのあと顔立ちと歯並びを写真やレントゲンを使って検査した。

数週間後、私だけの資料が完成し、歯の状態が詳しく分かった上で先生と治療の方法を決めていった。
検査をして分かった事は、私のトレードマークだった小さい側切歯は、恐らく異常形成によるものだということ。
反対側の側切歯も異常形成で、元々側切歯自体が存在してないということ。

あと、口の筋肉の短さを考慮すると、全体的に少し内側に入っていた方が楽だということ。
その他は異常なく綺麗に生えそろっているようだ。
私は先生に教わるまで、矯正方法とは問題のある犬歯を引っこ抜いてもとの場所に埋め込むという簡単な話かと思っていた。

しかし、そうではなくあのアメリカの子供のような器具をつけて歯を徐々に動かすという地道な作業だったのだ。
歯に着ける器具は私が思っていたギラギラの金属ではなく、目立ちにくいように白いジルコニアという物質を使うことにした。
また、私の場合、早く動かしたいのは上の歯だけなので、最初は上の歯だけに設置して様子を見ながら、
おいおい下の歯にも器具をつけるという方法を選んだ。歯を動かすなんて、大抵の人はその仕組みを知る由もないだろう。

スポンサードリンク
[wp_ad_camp_1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする