矯正中の歯磨きの仕方

矯正中の歯磨きほど丁寧に怠りなくしなければならない。
なぜなら、歯磨きを妨害するように歯の周辺には今までそこになかったものがあるからである。
歯の面には四角い装置が接着剤でくっつけられており、歯の周りにはワイヤーがぐるり。

歯ブラシだけでは足りないので、大事なのは歯間ブラシである。
装置装着の日には先生に歯の磨き方を教わるだろうし、ハンドブックをもらったりするだろう。
しかし、毎日のケアを実践するのは自分自身なのである。いつもと違う歯の感触に慣れながら、
装置が壊れないように自分なりの力加減で磨き方を編み出してゆくのがよいと思う。

ただ、磨けたという勘違いが一番怖いのだ。虫歯になってしまっては元も子もない。
おすすめの磨き方はいつもの歯ブラシで一通り磨いたあと、歯間はもちろんの事、
ブラシが届かない小さい歯の面までゴシゴシする事。

これで、意外と歯垢がまだ残っていたことに気づかされぞっとする。
食事中に気を付けていただきたいのが、装置に挟まった食べカスである。
これが結構やっかいで、食べ慣れるまでに時間がかかる。特に麺類等は柔らかいので噛んだ後、歯の周りに残りやすい。

しかし、舌で食べカスを取ろうとするとワイヤーが舌を傷つけてしまう可能性があるので、おとなしく飲み物で口をゆすぐ方が無難である。
デンタルリンスを活用するのも手だし、食事中に仲良しの友達と一緒なら、その友達に歯をチェックしてもらえれば、なお安心。
そして矯正中は常に鏡が必要不可欠ということをお忘れなく。

スポンサードリンク
[wp_ad_camp_1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする