歯列矯正開始前の検査

歯列矯正開始前の検査

歯列矯正をするのに、病院に予約を取って診察をしてもらい、
2回目くらいから矯正器具を付けるのかと思っていましたが、
そんなに速く事は進まないようです。そもそも、最近は日本でも「セカンドオピニオン」をもらう人が増えてきたらしく、
歯列矯正をするのにも近所の矯正歯科で矯正をしてもらうというわけではなく、
3つくらいの歯列矯正の歯科に「初診」で行って診察してもらって、
その時の先生の説明や病院の雰囲気などを確かめてみてから
どこで実際に歯列矯正をやってもらうかを決める人が増えているそうです。

まず初診で、口を開いて歯のチェック、
そして大まかな治療な流れなどを先生に聞きます。初診には大体3150円(消費税込み)かかる所が多いです。

2回目は、本格的な検査になります。基本的な検査にはレントゲンを使います。
更に進んだ設備を持っている所だと、CTを使って3次元で歯や顎の骨の位置が正確に分かるようになります。
レントゲンだけだと2~3万円、CTも含めると4万円~5万円になる場合が多いです。
CTを持っている病院の方が比較的治療方法が新しいと思いますし、より正確な治療ができるようになります。

そして、2回目の検査の時に歯型を取りました。
ピンク色のゴムみたいなものを上の歯に入れて数分経って取り出すと歯型が取れます。
それをまた下の歯もやります。

そして、2~3週間後にまた病院に行って、検査の結果を先生に聞くとになります。
だから、すぐに歯列矯正を始めたい!と思っても、
実際に治療を始めるのは速くても3~4週間後になります。
ただ、割り増し料金を払うと治療開始までのスピードを早めてくれる矯正歯科もあるようです。

スポンサードリンク
[wp_ad_camp_1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする