検査結果から矯正治療方法を決める

治療方法の決定

検査から2~3週間後に検査結果を元に先生と話し合いをします。
どの様な治療をするのか?を教えてもらい、歯列矯正の治療費の見積もりを出してもらいます。
それを見た上で、その病院で歯列矯正をするかしないかを決めることになります。

CTのデータを見せてもらいましたが、歯と歯の間が何ミリ空いているとか、
顎の骨の状態とか、色々と細かいことが分かるみたいです。
ちなみに、僕はレントゲンでは見つからなかった虫歯がCTで見つかりました。
親知らずが他の歯に接触している場合には抜いた方が良いとか、色々と分かるみたいですね。

顎がズレていることもCTで分かるので、
顎関節症と診断されました。
噛みあわせを直す場合には全額医療費控除が適用されます。

使用する装置はデーモンシステムというもので、
従来の矯正装置(ブラケット)よりも弱い力で歯を動かすそうなのです。
装置の一つ一つが開くようになっていて、ワイヤーの取り外しが可能です。
だから、細かくワイヤーの調節ができるようですね。
素人考えだと、強い力で動かした方が速く歯が動く気がしますが、弱い力の方が良いらしいのです。
痛みもデーモンシステムの方が少ないらしいので、
最初は白いセラミックのブラケットにしてもらおうかなと思っていましたが、
デーモンシステムでやってもらうことにしました。

矯正専門の歯医者で虫歯が見つかった場合には、別の歯医者に虫歯を治しに行くことになる場合が多いです。
総合的に色々とやっている歯医者さんで、
矯正もやっている所だったら、同じ病院内で虫歯の治療もしてもらえるはずです。

僕の場合には虫歯が一本見つかったので、
早速その日に別の歯医者さんで治療してもらいました。

金額と先生の説明に納得したら、次の回から装置の取り付けになります。

スポンサードリンク
[wp_ad_camp_1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする